石川商店 お米屋さんのブログ

お米屋さん「石川商店」のブログ
五穀米・福っくら御膳・金賞米などの情報を随時更新中です。

雑穀料理教室@君津

このエントリーをはてなブックマークに追加

 こんにちは!タザキです。


先日(11月27日)に、うちの職場からほど近い、君津市生涯学習センターという
ところで、「雑穀料理教室」が開かれました。講師としていらしたのは、米山美穂先生。




■ 米山先生のプロフィール

ピースフードアクションnetいるふぁ 
つぶつぶインストラクター(第1期生)
東京在住時は自宅&出張で
雑穀料理教室「つぶつぶサロン」を開催。

雑誌『つぶつぶ』の編集、執筆も担当
リマ、クッキングスクール師範科終了
本業はフリーで活躍中。

07年安房に移住し、自然農での自給自足を目指し、
自然と繋がった暮しを家族3人で楽しんでいる方です☆



せっかくの得がたい機会なので、雑穀料理修業中のタザキが参加してきました♪



今回作ったメニューは、「つぶつぶ餃子」。餡に雑穀を入れて、皮もなんと手作りです。
レシピは以下の通り。


■ つぶつぶ餃子

材料
〈皮〉 25枚分
 ・地粉   150g
 ・ゴマ油  小さじ1
 ・塩     小さじ1/5
 ・熱湯   1/2カップ

〈具〉
 ・炊いた雑穀 約100g (1/2カップ炊いたものの半量程度)
 ・白菜       100g (キャベツでも可)
 ・ニラ               15g (なくてもいい)
 ・ブナシメジ     100g
 ・長ネギ      50g (玉ネギでも可)
 ・醤油       大さじ1
 ・酒         大さじ1
 ・ゴマ油      小さじ2
 ・葛粉         7g


作り方

〈皮〉
 1.ボールに地粉と塩とゴマ油をいれ、熱湯を一気に注ぎ、箸で手早く混ぜる。
 2.粉全体に熱湯が行き渡ったら、手でよくこねる。
 3.全体が耳たぶ程度の硬さになり、ツヤが出てきたら、濡れ布巾をかけて
   約30分寝かせる。
 4.生地を切り分け、全体に粉をまぶしておく。
 5.余分な粉を落としながら、麺棒で直径約9センチ程度にのばす。

〈具〉
 1.白菜は5分ゆでて5ミリ角程度に切り、水気をしぼる。長ネギ、ブナシメジ、ニラは
   みじん切りにし、野菜をすべてボールに入れておく。
 2.醤油、酒、ゴマ油、葛粉はあらかじめ合わせておき、1に混ぜ、雑穀も加えて
   よく混ぜる。

〈包み方・焼き方〉
 1.具は1個あたり10g程度で、皮の端に水をつけて包む。
 2.フライパンに小さじ1程度のゴマ油(分量外)をしき、よくあたためてから、餃子を
   余分な粉を落として並べる。
 3.強火でしばらく焼いたら、3/4カップの水(分量外)を入れ、フタをして蒸し焼きにする。

ニラソース・・・ニラ50g/醤油大さじ6/梅酢大さじ2/ゴマ油大さじ1と1/3
白菜炒め(餃子の具の余りの利用法)・・・そぎ切りにした白菜を油で炒め、塩を少々
  加えて蒸し焼きにし、残った餃子の具を加えて炒め合わせる。



具を混ぜたらこんな感じ。




ここに炊いた雑穀(粒そばorひえ)を入れて、包むと、こんな感じ
(作るのに必死で、肝心の雑穀を写真に収めるのを忘れました・・・ごめんなさい)





そして、焼き上がりはこんな感じ♪




一緒に参加されたみなさんからは、


「餃子の皮がこんなカンタンに作れるなんて驚き!」


といった声が聞かれましたが、タザキは本場中国、しかも餃子をよく食べる北方に
留学していたので、餃子作りには一家言あります。そしてもちろん我が家では餃子は
毎回皮から手作りが基本。


なので今回も、本場中国仕込みの巧みな麺棒さばきで、真ん中が少し厚め
(周りのジョイント部は重なり合うので、薄めにすると、皮全体が均一な厚さになる)
の皮を慣れた手つきで作っちゃいました♪


ひえ餃子もそば餃子も、普通の餃子とはまた違った味わいと食感で、これまた
雑穀の新たな側面を発見できたのが、大きな収穫♪



日本では餃子の餡には肉を入れるのが普通ですが、本場中国で一般的な餡である
素三鮮(キクラゲ、しいたけ、卵の三種)」も肉が入ってなかったりします。日本でも
肉を入れない餃子のバリエーションがあってもいいですよねぇ。


あと日本では焼き餃子ばっかりで、餡の味が濃いおつまみみたいな餃子が主流ですが、
私はやっぱり餡は薄味が好みで、あくまで「主食」として食べる「水餃子」派です。日本
でももっと水餃子が普及していいのに・・と心底思います。




それはそうと、



今回大きな発見だったのは、先生が作ってきて下さった「ひえスープ」。
作り方はいたって簡単で、大根とネギとひえに塩を加えて煮るだけ。


なのにこれが、本当に美味しい! ひえのコクととろみが材料の旨味を引き立たせてる!
塩だけで、こここ、こんなに旨いとは・・・


そこでタザキ思いました。



「これからは、汁物にはなんでもかんでもひえを入れてみてやろう・・・ひっひっひ」



は急げとばかりに、その夜、私が干したキノコ(えのき、しいたけ、エリンギ)と、
これまた私が干した切り干し大根をどーんと入れて、そこに、ひえをばーんと入れて、
西京漬け作りでだいぶ味の抜けた西京味噌と塩で味を調えた味噌汁を作ってみたところ、



・・・うーむ、旨い。ひえ、恐るべし。



「冷え(冷害)に強く、冷え(冷え症)にいい」と噂には聞いていた「ひえ」、


いやはや想像以上です。





とまあ、色々と刺激を受けて一皮剥けて帰ってきたタザキでした。もちろん石川商店の
宣伝もしてきましたよ♪




以上、雑穀料理修業中のタザキでした。
環境、エコ、雑穀について | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

雑穀栽培、その後!

このエントリーをはてなブックマークに追加

 こんにちは!!

今年5月から栽培を始めた雑穀の仲間たち。刈り取りを終えた雑穀は、
乾燥も完了してイイ感じ

一部の雑穀は、店舗のディスプレイになって、店舗にいらっしゃるお客様を
お迎えしています。

当社スタッフ 菅原作 「深秋の馨り」


残った雑穀はいよいよ穂から粒を取る作業。穂をつまんで、手でもみほぐし、
一粒一粒丁寧に脱穀していきます。

ゴミやホコリはイキを吹きかけて飛ばしながら、こんな作業を何度も何度も
繰り返し、やっとのことでキレイになった雑穀たち(お米は精米前は「玄米
ですが、雑穀は精白前は「玄穀」といいます)をお披露目しちゃいます!


      


アマランサス


        
はと麦


あわ


ひえ       
 
 


きび



今まで手間暇かけて栽培してきた雑穀が、いまこのような粒になり、一粒一粒が
なんともいとおしく感じられます 

自然の力、雑穀の生命力に感謝

これらの雑穀のうち、アマランサスは脱穀を終えればすぐに料理に使えちゃう
すぐれもの。その他雑穀は、フードプロセッサで丹念に精白して、料理に
使っちゃいま〜す


雑穀脱穀担当に新たに就任した菅原でした。

環境、エコ、雑穀について | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

★雑穀おにぎりフォトコンテスト開催★

このエントリーをはてなブックマークに追加

おはようございます

最近は日中もかなり寒くなってきましたね。
インフルエンザの猛威も日本列島を襲っていますので
インフルエンザ対策として手洗い、うがい等はちゃんとやっていますか?

マスクもきちんと常備していますか?
インフルエンザが近くで蔓延してから購入するのではなく、
早めに買っておくことをお勧めします



さてさて、
今日はお知らせになります!

当社の社長も理事をしている日本雑穀協会で、
雑穀を使用した【雑穀おにぎり】のフォトコンテストを開催しております!!



【応募期間】
11月1日〜12月15日まで

【目的】
雑穀おにぎりを食べる笑顔を通じて、雑穀のおいしいイメージを向上させて、
雑穀やお米の消費を増やすことにより、人々の健康づくりや食料自給率の向上に貢献する。



そして入賞者には豪華な景品が

大賞    1名  賞状、盾、副賞5万円、雑穀商品
優秀賞  2名  賞状、副賞2万円、雑穀商品
佳作 10名  雑穀商品詰め合わせ


ぜひ、皆さんも当社の 『五穀米』 や 『福っくら御膳』 を使って応募してみてくださいね

日本雑穀協会主催の雑穀おにぎりフォトコンテストはこちら ↓
 http://www.zakkoku.jp/special/photocontest200911.php



今日も一日頑張っていきましょう!

ブログ管理責任者気任靴
環境、エコ、雑穀について | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

ついに収穫!アマランサス

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。
朝晩も涼しくなり、新型インフルエンザの猛威も気になるところです。

体調管理、衛生管理には充分にお気をつけ下さいね。


さて、5月から始めた雑穀栽培、8月にはキビ、
9月にはアワ、ヒエ、タカキビ、ハトムギを収穫しました
そして、ついに…

10/15の金曜日にアマランサスを刈り取り、
これで雑穀のバケツ栽培は全て収穫が完了

振り返ってみると、長かったような短かったような。
といっても、アマランサスにはまだ「乾燥」をしなければならないので、
「バケツ栽培の終わり」がくるのはもう少し先です

それでは、収穫の様子をご覧下さい☆


【収穫前】



【ハサミを持って、刈り取り開始!】



【刈り取ったアマランサス】


左がバケツで栽培したもの、
右が花壇に移植して栽培したもの。
改めて比較すると、「こんなにも違いがでるのか〜」と、驚きます!!


「バケツで雑穀栽培」、これでひと段落しました。
残るは、乾燥の他に栽培記録のまとめ、終わりまでもう一息です

栽培担当、白井でした
環境、エコ、雑穀について | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

雨の日の成育調査

このエントリーをはてなブックマークに追加

10月に入り、季節の移り変わりを強く感じると同時に、
乾燥するこの時期はインフルエンザが気になります。
丈夫な体を作る為、しっかり食べて栄養をとりましょう

テレビを見ると、各地での台風の爪あとが残っているのが気になります。。。
各地の農作物に影響はないか、こちらも非常に気になってくるところですね!!
雨は数日前から続き、毎週金曜日の成育調査は雨の中で行いました

大きな変化はありませんが、草丈を測ってみると小さな変化が


【バケツ】


【花壇】



バケツの方は成育が止まり、草丈は先週と変わらず平均120cm。
花壇の方はというと、平均140cmで先週から+4cm。
比べてみると、20cmもの差が開いています
こんなに違いが出るなんて、本当におもしろいですね〜。


雨が降っていると草丈を測るのが大変なので、
今週の金曜日には晴れてほしいなーと思う
栽培担当の白井でした

環境、エコ、雑穀について | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

バケツで雑穀栽培! 花壇とバケツ編

このエントリーをはてなブックマークに追加

早いもので、9月もあと数日ですね。
涼しい日も多くなってきたので、風邪にはお気をつけ下さい!


バケツで栽培している雑穀、残るはアマランサスのみとなりました。
アマランサスはちょっと元気がないようなので、応援してあげて下さい
皆さんの声援で元気を出してくれるのを期待しますッ

そんなアマランサスについては以前にも、
バケツと花壇で育てたものでの育ち具合の違いをご紹介しましたが、
よーく観察すると他にも違いがあるんです。
さて、一体何が違うのでしょうか?




まずは、並んでいるものを比べてみましょう
写真だと少し分かりにくくなってしまいますが、
花壇に植えたものの方が明らかに穂が大きいのです。
ちなみに、平均の草丈はというと…

[バケツ]120cm
[花壇] 136cm

驚いたことに、16cmも違いがありました
もっと近づいて、茎と葉を見てみましょう。


【茎】


左の太いほうが[花壇]、右の4本が[バケツ]です。
バケツの方は、3・4本でひとかたまりになっているせいもありますが、細い

【葉っぱ】


左が[花壇]、右が[バケツ]です。
一枚目の写真でも分かりますが、
花壇の方に比べてバケツの方は薄く、元気がなさそうですよね


同じ植物でも、植える場所・容器でこんなに違いが出るなんておもしろい
ガーデニングを楽しむ時には、場所や容器を変えて「実験」するのも
楽しいかもしれません!


では、今日も一日がんばっていきましょう
栽培担当の白井でした
環境、エコ、雑穀について | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

☆伝説のビーチクリーン☆

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。

連休前の9月19日(土)に「伝説のビーチクリーン919」という
イベントが行われました!

未来に建つ伝説のホテル。

と、その前に何かしたい!
との想いで始まったこの企画だそうです。

同じ千葉県として、オーナーつるちゃんの気持ちが
すごく伝わり当社も微力ながら協力させて頂きました(^^


919名もの参加者を集い、ビーチをみんなでお掃除

これほどの多くの方々の熱気はさすがに圧巻ですよ♪

とても遠くの方から地元の方、ベストセラー作家さん、
有名カメラマンとたくさんの方が集まり100年後、1000年後も
皆で綺麗に守っていこうとのことでイベントは大成功で終わったようです


残念ながら当日は台風直撃ではなかったものの
風邪が強い一日でしたが、ホンキの人たちの熱気が
当日の笑顔の様子を物語っています。

これからも子供達、その先の子供達の為、
当社も一緒に頑張っていきたいと思います。


伝説のホテルオーナーのブログに記載されていますので
ぜひご覧下さいね♪
http://blog.legendhotels.jp/archives/51370493.html


ブログ管理責任者気任靴

環境、エコ、雑穀について | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

夜祭、たかのつめ、ナンバン☆

このエントリーをはてなブックマークに追加

朝晩涼しくなって、暑かった夏がうそのような今日この頃ですね。

我が家では5月の連休に種から育ったスイートバジルの
花が咲きました。↓



この夏いっぱい葉をつけて、料理に使うことが出来、
大変重宝しました。

今、この花を見て「ご苦労様でした」と独り言です

先日たくさん摘んだ葉は乾燥して保存。

残った葉は、バジルペースト作りに挑戦して、良い出来になっています。



突然ですが、この実知ってますか?↓


夜祭(手前左)、たかのつめ(手前右)

山形の産地出張の時に
社長がお土産で買ってきてくれたものです。

店舗前に植えてみました。

夜祭(よまつり)とたかのつめ!!
ちょっと変な組み合わせですが(苦笑


このたかのつめ観賞用ですが、食べられるそうです!
何で山形から唐辛子!?と思った方がいるのではないでしょうか?

山形では「ナンバン」にするそうです。

「ナンバン」って知ってますか?
山形では1年も2年も作りおきして使うようですが。

あの赤い粒々のある大変辛いものです


社長は大好きで山形の生産者の方に催促して
お母さんの自家製のものを送って頂いています。

作り方はまだ教わっていませんが、
収穫のときは勉強しにいければと思ってます(笑

夜祭(よまつり) とってもかわいい実です
オレンジ→赤→紫と
色が変化していく実です☆

これだけでは寂しいので、私の大好きなコスモスも一緒に地植え
この季節、風にゆれて思わず立ち止まってしまいます。


どんどn増えてくれるといいな〜と思いつつ
小さなことですが、何かにチャレンジした気分です!

ウン!ウン!


お休みの日はまとめて掃除をしている1日ですが、
この日は土いじりで満足満足の1日でした(^^

お店の近くに寄った際にはぜひ見てみてくださいね☆


総務でした

環境、エコ、雑穀について | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

違いが色々!アマランサス

このエントリーをはてなブックマークに追加

早速ですが、前回の続きです!!
すでに収穫済みの、アワ、ヒエ、キビ、タカキビ、ハトムギ。
残るはアマランサスのみとなりました

そんなアマランサス、収穫はもう少し先で来月になりそうです。
今は、まだ花が咲いている穂があり、よーく見ると黄色い花が確認できます

まずは、バケツで育てているものの写真をご覧下さい
とその前に、アマランサスは間引きをした苗を花壇の開きスペースに植えてあり、
バケツで育ったものと花壇で育ったものは、違いが出ているので驚きます


【バケツで育ったもの】
 

【花壇で育ったもの】



【並べて比較!】



間引きをして他の場所に植え替えると、
間引きをしたことによって根がダメージを受けてしまい、
その後の成長に影響するもの。
しかし、この二つを比較すると、草丈はそれほど変わらないのですが、
花壇に植え替えたものの方が穂は大きい

やっぱり、窮屈なバケツやプランターで育てるよりも、
「地植え」の方が「土の力」が強く、しっかりと育つんですね〜。
もっと広い畑だったら、これ以上にもっと大きくなると思います


アマランサスの収穫は10月を予定しています。
早く大きくなるように、応援してあげて下さい

ではでは良い連休を(^^

栽培担当の白井でした

環境、エコ、雑穀について | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

いよいよ収穫☆雑穀栽培 

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日から連休に入った、という方も多いでしょうか?
石川商店では昨日、大型連休前に一大イベントがありました。 

8月の末にキビを収穫してから約3週間、
昨日はアワ・ヒエ・タカキビ・ハトムギを収穫
バケツで育てた雑穀がここまで立派になるなんて驚きです。
きっと、みなさんが応援してくださったおかげですよ
本当に、ありがとうございます


それでは早速、収穫の様子をご覧下さい


【アワ】


【ヒエ】


【タカキビ】


【ハトムギ】



これまで、枯れた葉っぱを取ったり折れた茎は干して乾燥させたため、
ヒエは葉っぱも穂も少なくて寂しい気がします。
でも、残っているヒエはしっかりと実が付いていますよ


【刈り取りの様子】


倒れないようにサポートをしてもらい、ハサミを使って根元から刈り取りをしました。


そして、収穫したものがこちら
【ハトムギ・ヒエ・アワ・タカキビ】


こうして比べると、大きさも葉っぱや茎の色も違っておもしろいですね〜。
これも、以前に収穫したキビと同様、太陽の光に当てて乾燥させます
…のつもりですが、曇り空で天気が良くないのため、屋内で干すことに。
太陽は、雑穀が育つ時だけでなく、収穫した後にも必要。
そういったものも含め、自然の力の大きさを感じております


さてさて、「アマランサスはどうなってるの?」と思った方、
アマランサスについても「へぇ〜」と言ってしまいそうな話題がありますよ☆
ちょっと長くなってしまったので、それは次回お伝えします。

 
栽培担当の白井でした
環境、エコ、雑穀について | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

五穀米
福っくら御膳
商品購入
カレンダー
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
記事カテゴリ
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
石川商店
facebook始めました♪
Dr.五穀米の粒やき
google+始めました♪
気になる書籍♪
リンク
OTHERS