石川商店 お米屋さんのブログ

お米屋さん「石川商店」のブログ
五穀米・福っくら御膳・金賞米などの情報を随時更新中です。
<< コマーシャライザー | main | エコエコ♪ >>

お米を美味しく♪

このエントリーをはてなブックマークに追加

おいしいお米を美味しく食べてもらいたいのは
米屋としての願いですおてんき

今回はごはんの炊き方講座です!!

計量 → 洗米 → 水加減・浸水 → 炊飯 → 蒸らし → 保存

おいしいごはんを炊く第一歩、皆さんはどのように量っていますか?

より《正確》な順に書いてみましたグッド

―鼎機蔑未蠅芭未襦
⇒椴漫淵ップで量る)
ハイザー(米びつ機といわれるもので自動に量る)
づ当に(はい!これは問題外ですね〜。愛情がこもってません!)



1.洗米 上手に研いだお米はおいしい!
  特に夏場の持ちが違います。
 ・米の表面のヌカを取り去る(やりすぎは禁物です。栄養ですからイヒヒ
 ・研ぐことによって、水を吸いやすくなります。
  注水たっぷりの水を注ぎ、手ばやくかき混ぜすぐにお水を捨てる!(2回)
(一番始めのヌカ臭さを、お米が吸収する前に捨てる。10秒以内)

2.研ぎ 水をよく切ってから回すように軽く研ぐ
       ↓
     水をさして研ぎ汁を捨てる この作業を2〜3回

3.すすぎ 水が多少澄んでくるまで何回か水を取り替える

次に水加減『お米の容量の1.2倍程度』
炊飯器の目盛りはあくまでも目安量です。

その炊飯器の種類に応じて、お好みで加減してくださいねわーい

また、新米時は少し控えめにすると美味く炊けますよラブ

4.浸水 
夏場 ― 30分〜1時間
冬場 ― 1時間〜2時間

・ふっくら炊けない
・芯の硬いごはんができる
・水っぽい

この三つは浸水時間が足りない場合がありますムニョムニョ
☆お米の芯まで充分に吸水させてあげてくださいおにぎり


5.炊飯 「はじめチョロチョロなかパッパ
       吹き始めたら火を引いて
        赤子無くともフタ取るな」

火加減の基本は上記にあるように、昔からの言い伝え?通りですグッド
とは言っても、現代は“スイッチを押すだけ”で手間いらずの時代。

しかーし!

美味しいご飯を炊くためには昔風のかまどとお釜に近い炊飯器を選んで欲しいものです女


◆私のオススメの炊飯器の選び方

・お釜が深くて・厚いもの 
  上から下まで一定温度で炊き上げ蒸らすことができます。
・適度に重いふた
  程よい圧力が無ければ沸騰した時に、汁がこぼれ水分不足になります。
・適切な大きさ
  炊き上がりのご飯の量が炊飯器の8分目くらいが理想的ぴかぴか

皆さんの炊飯器はどうでしたか?
買い替えの時には参考にしてみてくださいラッキー

6.蒸らしスイッチが切れた時のご飯はまだ真の部分は煮えてない状態です。
炊飯器内の余熱と圧力をかけながら“蒸らす”という過程で初めて芯までふっくらと炊けます。

そうですね〜だいたい15分くらいを目安に!
短いと → 芯のあるご飯に
長いと → ツヤのない水っぽいご飯に

一度ふたを開けてしまうと、二度と美味しい状態で芯までふっくらと炊けません泣き顔

7.保存
美味しく炊いたご飯は炊き立てが一番!!
でも何かと忙しい奥様にとって、三度、三度の炊飯は至難の業汗

では、残ったご飯をどのように保存すればよいのか・・・。


一番良いのは、炊き立てのご飯を熱いまま、ラップに包みタッパに入れて
冷凍庫で急速冷凍しちゃいますぴかぴか
↑ご家庭の冷蔵庫、冷凍庫の状況によっては、冷めてからでもOKです。

電子レンジで解凍・過熱しても味は、ほとんど炊きたてと変わりませんよ(^^

一度お試しあれぴかぴか

すごく当たり前のことですが、どれだけ愛情を注いで炊飯するかによって
お米はそれに応えてくれます。

皆さんも普段のご飯を美味しく召し上がってくださいモグモグ


出荷担当:Sでしたパー
お米の豆知識 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://www.gokokumai-blog.com/trackback/78
この記事に対するトラックバック
五穀米
福っくら御膳
商品購入
カレンダー
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
記事カテゴリ
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
石川商店
facebook始めました♪
Dr.五穀米の粒やき
google+始めました♪
気になる書籍♪
リンク
OTHERS